写真を上手に撮る為のたった1つのポイント紹介 - デジタル一眼レフカメラ初心者が簡単に上達する講座

デジタル一眼レフカメラ初心者が簡単に上達する講座

一眼レフ上達講座・468.gif
一眼レフ上達講座 公式サイト
写真教室のレッスンをまるごと自宅へ!一眼レフカメラ講座(人物・風景・物・花撮影編)

写真を上手に撮る為のたった1つのポイント紹介


カメラ3弾セット
3ステップで上手くなる!一眼レフカメラ上達講座


折角写真を撮るなら上手とほめられる写真が撮りたい。
そう思ったことはありませんか?

撮った写真のクオリティが物足りないと、
写真を見返した時の感動も減軽してしまいますよね。

そこで本日は、とっても簡単に写真のクオリティをアップする。
写真を上手に撮る為のたった1つのポイント
をご紹介したいと思います。

実例を交えて、分かり易く解説していきますので、
どうぞ最後まで読んでみて下さいね。

一眼レフ上達講座・カメラ1.PNG


このポイントは知った瞬間に実践していただけるとっても簡単なコツです。
ですが軽視してはいけませんよ。
このコツを使うか使わないかで写真を見た人の反応が、
全く違うことに、貴方も驚愕するでしょう。

さてさて、そのコツをお伝えする前に、
貴方が写真を撮ろうと思った時の動きを一度思い浮かべてみてください。

ここでは地面に咲いている一輪の花を撮るとしましょう。
貴方は、咲いている花を見付けました。
この花を写真に撮ろうとした時、次にどんな行動をしますか?

自分が写真を撮っている姿をイメージしてみて下さい。
もし、その時に貴方が立ったままシャターを切っていたら、
それはとてももったいないです。

実は、今回貴方にお伝えしたいコツと言うのは、
主役と同じ目線で、写真を撮ると言うことです。
つまり、地面に咲いている花の場合、しゃがんで撮ると
見たい人が「おっ!」となる写真になる訳ですね。

一眼レフ上達講座・花.PNG


貴方は、子供が撮った写真を見て、
何か不思議に惹かれるものを感じたという事は、ないでしょうか?

あれは単純に、子供の目線が低い為、
思いがけず主役と同じ目線で、写真を撮ることが多いからです。

但し、例えかがんで写真を撮ったとしても、
カメラを下に向けて上から撮ってしまうと
いつものありふれた写真になってしまいがちです。

ですからカメラは正面に向けた状態で、
主役と同じ目線を意識して撮るのがおすすめです


さて、いかがでしたか?
写真を上手に撮るポイントは“主役と同じ目線”です

もし、このお話を読んでみて、もっと写真が上手になりたい。
折角なので、本格的にカメラを始めてみようかな〜。と思いましたら、
是非コチラをご覧になってみてください。

カメラを購入して数週間の初心者でも“感動の一枚”が撮れた!
その秘密をご覧いただけます。
(株式会社 Good Appealさんのメールより)


公式サイトはこちらから
一眼レフ上達講座・468.gif

カメラ3弾セット
3ステップで上手くなる!一眼レフカメラ上達講座
公式サイトはこちらから


写真を上手に撮る為のたった1つのポイント紹介


一眼レフカメラ上達講座 まとめ
ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ランキングバナー